TransZend




あらゆる「舞台」に住まう者は、「舞台」から存在を享受されし者。
それでは、「舞台」より除却されし者は何処へ行ったのだろうか?

「此処は、大いなる舞台裏」。






TransZendはwosdergeによる総合創作媒体です。


*Products


 
ぶっそうな対戦おちものぱずる

TranscendPang…度を越えたパン

Beyond My Score…音楽でパズルするゲーム(リメイク予定)

MintGirlβ…人型物体作る道具

TransZend Enom…線で轢殺するゲーム

Things





*Trash


「台本」はない。「背景」もない。「設定」などない。
だが、我らは生きている。
我らは考え、語り、動き、「生」を咆哮する。




・スティグマ《Stigma》

 何者にでも「無し」続けなければならない。


 木刀を常に身に着けている棒人間。
 フリーランスの建築業の肉体労働担当。
 その細い体からは考えられないほどのパワーと
 その細い体のイメージ通りの俊敏さを伏せ持つ。
 そして、木刀術の研鑽も欠かさない。

 ・TranscendPang Playable
 ・Puzzle&TransZend Main [BGM]


・エンアイスク《nISq》

 意味のないものは、存在しない。


 二つの黒い瞳と、血塗れの瞳を上部に持つ怪物。
 フリーランスの建築業の頭脳労働担当。
 卓越した視力と観察眼を持ち、喋りも品性を感じられ、
 一見、知的で落ち着いた雰囲気のな生命体に見えるが、
 その瞳の内側には極めて「異常」な価値観が渦巻いている。

 ・TranscendPang Playable
 ・Puzzle&TransZend Main [BGM]


・ズヌ《Zunu》

 装置に徹していれば、幸せだったのに。


 多種多様な道具を作り上げる職人。
 挙句の果てに自身の体まで改造している。
 自身の制作した道具を売ることで生業を立てているが、
 何故かそれらの道具は「武器」の体裁で販売され、、
 また、自らを「死の商人」と称している。

 ・TranscendPang Playable
 ・Puzzle&TransZend Main [BGM]


・リコリタ《Lycorita》

 正義。娯楽。暴力。何を憎む。


 天秤を持つ、正体不明の存在。
 普段は姿を見せず、何かしらの事件が発生した時に姿を現す。
 本人も自身に関して多くを語らず、素性には謎が多い。
 最も、その真面目な気質や行動指針から、
 「そういった類の役割の存在なのだろう」と大方の予想をつけられている。

 ・TranscendPang Playable
 ・Puzzle&TransZend Main [BGM]


・ノルテーム《Norterm C.R.I.》

 万象は傲慢さの糧に。


 幾多もの苔をその身に宿す、巌の怪物。
 全ての存在には、必ず「始まり」があった筈である。
 しかし、殆どの存在から「始まり」は忘れ去れている。
 体の「苔」は、忘れ去られしそれらの残滓。
 巌の怪物は今日も宣託する。ものの「始まり」を。

 ・TranscendPang 1 BOSS [mov]
 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・フェルサ《Fersa》


 崖から滑り落ちた人間が、崖下の鉄柵に刺さって死んだ。
 幾多もの人間の血を啜った鉄柵は、意思を持つ魔物になった。
 だが、同時に未練のある人間がアンデッドとして覚醒した。
 結果、「鉄柵」と「骸骨」が融合した奇妙な怪物が出来上がった。



 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・チャン《c.H.A.n》

 過去を振り返れるようになったという事は、大人になれたという事だ。おめでとう!


 現在と未来に絶望した男が、
 自身が幼児時代に描いた「将来の姿」に魂を捧げた。
 結果、男は無限の可能性を手に入れたが、
 「幼児時代の絵」には「彼を示唆する要素」が皆無だった。
 その結果、顔、そして自身の名前を失ってしまった。

 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・モールド《Mold》

 世に在りつづける為には、今すぐ死なないと……。


 「墓地」にて、遺物の弔いと管理をしている墓守の石版。
 ある日、墓地に不気味な模様をした「亡霊」が大量に出現した。
 石版はそれを葬ったが、その「模様」が自身に刻まれてしまう。
 しかし、石版はその模様が発する霊力の支配に成功し、
 より大きな力と智慧を身に着けたのだった。

 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・アンシャ《l'ancie》

 「失われた」甘い蜜の味。


 「その昔」に創られた、戦闘用生命体。
 侵入者を撃退する命を受け、「箱」の中に身を隠し、
 眠りについた。しかし、生命体が覚醒した時に視た風景は、
 全く記憶に無い未知の世界であった。
 訳が判らないままに、生命体は世界を彷徨する。

 ・TranscendPang Playable
 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・ヴェイス《HascoralVase》

 色すらも違わない。


 ある死体の頭部に舞い降りた蓮の種は、
 頭部を破壊し脳髄を啜ることで美しい華を咲かせた。
 しかし、その姿を「冒涜」だと罵る人間達により、
 蓮は燃やされてしまう。不合理だ……蓮の深い怨念が
 実体化し、「蓮の怪物」が誕生した。

 ・TranscendPang 5-C BOSS [mov]
 ・Puzzle&TransZend Default [BGM]


・ キラーベクター《KillerVector》

 全てはより良き世界の為に。


 無数の意志の集合体であり、無数の矢印{力、向き}の集合体。
 膨大なデータの蓄積、及び導かれし理論、そして揺るぎない正義感により、
 世界をより「理想的な形」に「改善」する事を使命とし、徘徊する。
 盲目的に、無秩序に活動するその様は正しく概念の殺戮であり、天災そのものである。

 ・TranscendPang F-B BOSS [mov]
 ・Puzzle&TransZend Unlock [BGM]


・ トゥレ《T.R.E.》

 全て笑えばよい。


 曰く、「異世界より飛来せし悪魔」。
 空間転移・物体召喚など数々の奇怪な術を行使する。
 非常に饒舌で、一見して刹那的・享楽的な性分に見えるが、
 その根底には異常なまでの「悪魔」としての矜持、そして、
 現世の「悪魔」に対する深い失望と憤怒を秘めている。

 ・Puzzle&TransZend Hidden [BGM]


・ ロスコッド《loscod》


 「それ」の情報は、とある資料に記述されている。
 曰く、それは遥か昔から稀に目撃されている。
 曰く、それは「ヒト」という存在と似た形状だという。
 曰く、それは失われた自分の犬を探している、と語る。
 曰く、それは影が存在しないらしい。

 ・TranscendPang 6-C BOSS [mov]
 ・Puzzle&TransZend MID-BOSS [BGM]


・ エクスプロティア《Explotia》


 ある時、突如世界に出現した、回遊する「都市」。
 上空から降下し、下部の巨大な牙で獲物を喰らう。
 取り込まれた獲物の魂は消化され、亡骸は都市の飾りとなる。
 都市の欲望が尽きる事は無く、際限なく獲物を喰らい続けている。
 <さあ、次はどの地を喰らい尽そうか>

 ・Puzzle&TransZend BOSS [BGM]


・ オヴァライザ《ovalizer》

 奇跡は、必ず起きます。絶対に起きます。



 ・TranscendPang Playable


・ シームルグ《Simurgh》

 叡智は客観の果てに。


神鳥……を模した像……に乗り移っている存在。
故に、伝説の神鳥そのものとの直接の関連はない。
だが、「別世界」からの訪問者であり、豊富な知識を持つ。
加えて、思慮深い性格であり、それでいて弱きを助けるその振舞の前では、
伝説性の真贋など些細な問題なのかもしれない。

 ・TranscendPang Playable


・ レネ《Lene》

 君は記号的だね。


 知性を持つ獣、という存在はある意味珍しくは無い。
 だが……その獣は、少しばかり知恵をつけすぎた。
 今まで本能だった仕草を、「意識」してしまうようになった。
 「期待」に応えるための「演技」を考えてしまうようになった。
 獣は、決して人ではない。そして、その獣は最早ただの獣には戻れない。

 ・TranscendPang Playable


・ ホワター《Whater》

 人類皆、達磨監視者。



 ・????


・ スティルアライヴ《StillAlive》


 「少女」が存在した。「少女」の名前は解らず、また、
 姿も解らなかった。唯一解っているのは、死んだという事だった。
 そして、「少女」は幾多もの名と姿を与えられ、そして殺された。
 終わりのない生と死を往復する内に、その境界を超越し、
 「少女」は、ただ「在り続ける」存在となった。

 ・Puzzle&TransZend ????


・ コノコ《Anon=Konoko》


「人形」を自称し、確かに、人形のように見える存在。
しかしその背景の一切が見当たらない。
その挙動はあまりに生物的。紛れも無く「人形」であるのに。
その言動はあまりに知能的。紛れも無く「人形」であるのに。
「これ」の存在は生物を生物たらしめる要素をことごとく破壊する。

 ・TranscendPang 4-B BOSS [mov]


・ レフトテイル《LeftTail》


 「それ」は、自分をより可愛らしく飾り立てようという野心家であった。
 目をつけたのは、斯くも愛らしいガジェット……獣の耳、尻尾……。
 「素材」から「毟り」取り、装着してみるが、合わない。次々に試す。
 ……思えば、その一連の行動が私の全てだったからなのか。
 気づいた時には、「耳」と「尻尾」だけの存在になっていた。

 ・????


・ アザートゥース《Other=Tooth》

 「それ」は、いずれお前の中身を喰らいつくし、羽化する。


 6つの口が正四面体状に連なる正体不明の物体。
 とある旧支配者に酷似した名を持つが、関係は皆無の模様。
 自身の声色が存在せず、常に誰か声色を模倣しつつ6つの口で捲し立てる。
 名目上はトーカスの従者であるが、その実、絶対的な上下関係は無く、
 「面白いからついていく」という当人の意向によるものである。

 ・TranscendPang F-C BOSS [mov]


・ トーカス《Talkus=Phlakaton》


 かつて人であったものが、肉体を放棄し、
 言語という概念そのものと一体化した「魔人」。
 自らを構成する言霊を使役する事で、無数の「魔術」を引き起こす。
 「人」本来の営みを放棄し、自身の研究に全てを注いでいる。最も、見方によっては、
 「生き甲斐」を持ち続けるその行為こそが、彼がかつて人であった証なのかもしれない。

 ・TranscendPang F-C BOSS [mov]


・ オイタナシス《eutanasys》


 椅子のような形状に見受けられるが、正体は謎に包まれている。
 確かなのは、「キャラクター」がいずれ対峙しなければならない存在であるという事である。

 ・????



     [mail] [twitter]